宮崎にある株式会社の銘柄で取引・詐欺には注意しよう

宮崎は九州地方にある県の名称ですが、宮崎という名を使った株式会社も世の中にはたくさんあります。特に宮崎県内に多い傾向にあるのは、地元の名称を好んで使う会社が目立つからです。それ以外にも、大手企業が宮崎県に進出し、その地名を社名に組み込んでいる例がよく見られます。
これらの株式会社の中には、市場に上場しているところも存在します。市場で取引が可能であれば、一般の人でもその株を売買することができます。大手企業の場合だと、宮崎県内の支社ではなく、本社の銘柄を取引するようになります。
株取引の参考にしたいところです。
取引を行う上で気をつけたいのが、詐欺の被害です。株の取引に関する詐欺は、かなり古くから存在します。
よくあるのが未公開株の儲け話で誘ってくるパターンです。まだ上場していない会社が今後上場するという話を持ちかけ、今から購入の手続きをしておくと、上場した際に大きく儲けられるといった話で誘ってきます。
実際に未公開株はIPOという名称で、証券会社を通じて事前に申し込みをし、購入できるようにはなっています。しかし、公平性を保てるように、IPOの募集は一般公開され、抽選で購入者を選び出す仕組みです。
IPOで詐欺をする犯罪者は、一般ルールを無視して話をしてきます。このようなうまい話は存在しませんので、相手が申し込みをせまったり、資金の支払いを要求してきても、絶対に応じないことが重要です。
もし詐欺の被害にあってしまったなら、警察署や弁護士事務所、公的機関の相談所などに相談しましょう。相手が分かればお金を取り戻せる可能性があります。
株の取引で詐欺にあわないためにも、必ず証券会社といった正式な取引機関を利用するようにしましょう。